習慣を変える!

インフルエンサーに自律神経の乱れは致命的!しっかり自律神経を整えて、発信力を上げていこう!

勇者タトル

一度自律神経が乱れたら、立て直すのって多変だよね!ここでは、自律神経を整える方法を紹介するよ!!

この記事は
【忙しいビジネスパーソンの為の自律神経整えBOOK】
原田賢(著)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
の内容を参考にしています。

自律神経が乱れると辛いですよね。情緒が不安定になってしまったり、体が思うように動かず、周りに迷惑をかけてしまったり…

さらに、「発信力」が必要なインフルエンサーには、自律神経の乱れは天敵です。

自律神経を整えたい!具体的に何をしたら自律神経の乱れが改善するのか教えて欲しい!

今回はそんな貴方の為に、「自律神経整えBOOK」という本を参考に、記事を書いていきたいと思います。

自律神経を整えることは、「発信する側」として必須のスキル!

病気でもないのに、なぜか不調が続いている…そんな時は自律神経が乱れている可能性があります。自律神経の不調は、長引くと「うつ病」をはじめとする様々な疾患を引き起こす恐れがある、とても危険な状態です。

自律神経の乱れを示すサイン13のサイン

  • なんだか眠れない
  • めまいや耳鳴りがする
  • 胸が苦しい、ザワザワした感じがある
  • 電車に乗ると動悸がある
  • いつも手足が冷えている
  • 体の一部だけ汗をかく
  • 胸やけや満腹感が続く
  • 下痢や便秘を頻繁に繰り返す
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない
  • 気候の変化に弱い
  • やけにまぶしく感じる時がある
  • のどに違和感がある
  • 風邪でもないのに頭が痛い

以上の中で、心当たりのある項目がある方は、自律神経が乱れているかもしれません。

自律神経が乱れてしまう原因

そもそも、自律神経とはいったい何なのでしょう。自律神経とは、あなたの循環器、呼吸器、消化器など、体内活動に必要不可欠な器官の活動を、あなたの意志とは関係なく、自動的に調整してくれる神経を指します。

自律神経には、心と体を緊張させて興奮状態に導く交感神経と、心と体を鎮めリラックス状態に導く副交感神経があります。どちらが良い、悪いというわけではなく、どちらも非常に大切なものです。

特に自律神経が乱れているという方の場合、副交感神経よりも交感神経の方が優位になっていることがあり、興奮が収まらず体に大きな負荷がかかってしまいます。更に内臓の働きを促す副交感神経の働きが衰えることで、下痢や便秘などの症状も出てくるのです。

自律神経を整える為には、副交感神経の働きが高まり、リラックス状態が続くような習慣を身に着ける必要があります。

それでは、自律神経を整える為の習慣を5つのカテゴリに分類して、紹介していきます。

姿勢を正して自律神経を整える

姿勢が正しいと、筋肉の状態や内臓の位置などが正しい状態になります。それにより自律神経の不調の改善に役立ちます。

姿勢を正すために必要な習慣

・お腹をへこませて立つ
・電車の中では下を向かずに前を向く
・歯を食いしばらない
・胸式呼吸を意識する

運動して自律神経を整える

人間の体は歩く動作によって体調が整うように出来ています。

日常を運動に変える習慣

・腕を大きく振って、大股で早く歩く
・ストレッチをして体の緊張をリセットする
・有酸素運動をする 

食事に気を付けて自律神経を整える

自律神経にとっていい食べ物を食べることで、内臓の働きが良くなり、自律神経も整っていきます。

自律神経を整えるための食事

・水を毎日2ℓ飲む
・塩分過多の生活を見直す
・チョコレートや甘いモノを避ける
・低GI値の食品を食べる(そば、春雨、玄米など)
・カフェインの摂取をやめる

睡眠を改善して自律神経を整える

質のいい睡眠の習慣をつけることで、体内時計が整い自律神経も整いやすくなります。

質のいい睡眠を得る為の方法

・休息を習慣にする(意識して休息をとる)
・決まった時間に起き、太陽の光を浴びる
・朝日を浴びながらウォーキング
・休みの日の寝だめをしない

考え方を変えて自律神経を整える

考え方を変えてストレスを減らしていきしょう。ストレスを減らせば、リラックスして副交感神経の働きを高める事が出来ます。

一般的にストレスを溜めやすい人の考え方には2つの特徴があります。一つは完璧主義の考え方、もう一つはネガティブな考え方です。この考え方を修正するための方法を見てきましょう。

自律神経を整える考え方

  • 完璧主義をやめてみる
  • 良くない出来事が起こり続けると思わない
  • 悪いことだけを見ない
  • マイナスに捉えすぎない
  • 根拠のない結論を出さない
  • 課題解釈や過小評価をしない
  • 感情的に物事を決めつけない
  • 何もかもを自分に関連付けない

自律神経を整えて、発信力を上げていこう!

いかがでしたでしょうか。

最後の考え方の部分で当てはまった方が多いのではないでしょうか。

ストレスは適度なら良いとされていますが、過度にストレスがかかった状態は身体的にも精神的にも良くありません。細かいことは気にせずにおおらかな気持ちでリラックスして過ごすように心がけましょう。

この記事を読むだけで終わりにするのではなく、是非実践して自律神経の乱れの改善に活かしてください。

自律神経の乱れは自分の体調を崩すだけでなく、情緒が安定しないばかりに対人関係が上手く行かなくなったりなど、影響はとても大きいです。

社会人としての責任を果たすためにも、自分の課題に立ち向かう為にも、副交感神経を優位にしてリラックスした日々を過ごしていただけたら幸いです。

実際に手に取って読んでみてね!🐢↓